伊丹市の整骨院は森下柔道鍼灸接骨院へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

テニス肘

テニス肘 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テニス肘(テニスひじ)は、テニスなどのラケットを使用するスポーツをする人にみられる上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎のこと。上腕骨外側上顆炎はバックハンドストロークで発生するため、バックハンドテニス肘という。これに対し、上腕骨内側上顆炎はフォアハンドストロークで発生するのでフォアハンドテニス肘という。いずれも使いすぎ障害で、初心者や筋力の弱い中年の女性(40-50歳)に多い。 ここでは、バックハンドテニス肘について記す。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ジャンパー膝

ジャンパー膝 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ジャンパー膝(英:jumper's knee)とは、下肢のスポーツ障害のひとつ。ジャンプ動作などの繰り返しにより発生する膝蓋靭帯炎および大腿四頭筋腱付着部炎である
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
野球肘

野球肘 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 野球肘(やきゅうひじ)は、投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みである。正式な医学的名称は上腕骨内側上顆炎。別名、リトルリーガー肘、リトルリーガーエルボー、ベースボール肘、ベースボールエルボーとも呼ばれる。一般に野球の投手に多く見られる。症状は投球のリリースの際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせる。一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る悪いフォームでの投球、過度の投球によって起こる。そのため野球肘は怪我ではなく故障であるといえる。また類似のものとしてテニス肘がある。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
五十肩
五十肩
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、中高年に多く見られる運動器系(整形外科的)疾患の一つ。肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称である。1960年代までは四十肩と呼ぶのが一般的であったが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多い。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛

頭痛 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 頭痛(ずつう)とは、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である。ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、症候学上非常に重要な症状。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)