伊丹市の整骨院は森下柔道鍼灸接骨院へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

骨折

骨折 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。また、骨折して完治した後、個人差や治療法によるが、左右の腕や足の長さに違いが生じることがある。但し、成長期では自然治癒力により同じ長さに矯正されることも多い。手術により矯正することもある。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ぎっくり腰

ぎっくり腰 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ぎっくり腰(-ごし)とは一般的に、重いものを持った時や急な体幹の捻転時におこる急性の腰痛を指す通称。正しくは「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」とされている。地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」(Hexenschuss,独)とも呼ばれている。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
捻挫

捻挫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


捻挫とは文字通り関節を「捻り挫く(ねじりくじく)」事をいい、骨と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷、関節を包む関節包や骨と骨を繋ぐ靭帯及び軟部組織(内臓・骨以外の総称)を損傷した状態を指す。関節に、生理的可動許容範囲を超えた動きが強要される為、関節周囲の組織の損傷は大なり小なり必ず起こる。多くは損傷に連動して患部に痛みや腫脹、熱感等の炎症を引き起こす。また、理論上、関節がある部位なら場所を限定せず全身に起こりうるが、現実的には起きやすい関節、おこりにくい関節はある。ぎっくり腰やムチウチは、それぞれ腰椎・頚椎捻挫を起こした状態である。(ただし、単に急に腰が痛くなった、首が痛くなった、というだけでは、関節ではなく単なる筋肉の障害の場合が多く、捻挫とは言わない。)
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
むち打ち
鞭打ち 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 鞭打ち(むちうち)は、刑罰の1種で、鞭で打って苦痛を与え、これにより悔悟や自白を強要する罰。東洋では笞刑(ちけい)とも称する。 世界中で刑罰、拷問として広く行われ、現在でもシンガポール、マレーシア、イスラム諸国などで行われている。鞭打ち刑の対象になるのは国によって様々であるが、主として窃盗、秤のごまかしなどの軽罪の犯人である。病人には鞭打ちを科さない(治癒後に科する)と決めている国、東南アジアのシャムポックやイギリスの九尾の猫鞭など、連打して死に至らしめる威力のある鞭を使う国などその執行方法も国によってさまざまである。シャムポックは水牛の皮を用いた丈夫な鞭で、五十打もすると外傷性ショックから死に至る危険がある。九尾の猫は、丈夫な組紐を九つに分け、それぞれの先端に石や粒状物を括り付けたもので、兵士の懲罰に使われている。しかし、現代ではこのような致死性のある鞭の使用は禁止されており、鞭打ち刑で死亡したり重傷を負わないように規則が定められている。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
整骨院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
施術所(せじゅつしょ)とは、医師・歯科医師以外で医療行為が法律によって認められているあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師または柔道整復師が業務を行うための施設のことである。ただしこれは、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律、柔道整復師法などの法令に使用される用語で、一般には鍼灸院、治療院、接骨院・整骨院などの名称で呼ばれることが多い。
投稿者 森下柔道鍼灸接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)